• «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »
誰だって それぞれのイメージを隠し持っている
CATEGORY : スポンサー広告
-----------
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : リアルタイム
2009-11-30-Mon
混沌今トーン
Trackback 0  Comment 2
こんばんわー。試験前ですどうしよう。課題終わんないどうしよう。そんな私です\(^O^)/
辛いときは、ミスチルを聴くかベッドに入って思い出しニヤニヤするに限ります。そんな私です\(^O^)/



さてさて、この頃約3人に様々な意見を聴く機会があったんですが(内一人はニヤニヤの原因人物)、なんかわけわかんなくなってきたwww
言葉とは何ぞやとか、自分らしさとは何ぞやとか、自分の本当とは何ぞやとか、表現とは何ぞやとか、様々な答えが出ないような事について、答えがでないなりの考えを聞いたり話したりして、なかなか為になりました。

本当に偶然だけど、その3人の意見が関係ないようでちょっとずつ関わりあって、それで色々考えさせられましたねー。価値観とか。

でも、あまりに短期間に聴きすぎていまいち消化できてないのが…不服…。


でもそういう話をしていてとりあえず思ったのは、自分は本当に他人ありきというか、周りの人の存在によって成り立っているんだなぁと思って。

例えば自分らしさだったら、他人が私に「ヒビキらしいね」と言ったとして、その「ヒビキらしいね」=私らしさだと思うんですよ。
でも勿論人によって「ヒビキらしいね」は差があって、つまりは私らしさは一つではないと。
様々な人の見つけた「ヒビキらしいね」で私は私の新しい側面を発見できて、それを吸収・消化できる柔軟さが大切だと思う、のですね。


言葉に関しては、ある人は「恐い」と言っていたし、ある人は「あまり(自分の作品に対して)使いたくない」と言っていて、すごく近しいものなのに否定的なのが多かったんですよ。

まぁ確かに、言葉ってすごくしっかりしているものだから、それで色々な物が言葉の箱に入っちゃうのは恐ろしい事だけど、
石膏から林檎を作り出す様に、上手く表せられないものの輪郭を少しずつ表していけるものを言葉だと思っているので、そういう見方もありなんじゃないかなぁ?って思ったり。
探り出す様に言葉を選んで話すっていう行為が好きなんだなぁって、ちょっと自覚しましたねー。


バス着いたんでこの辺で。
もっと良い言葉あったり、言いたいことが出てきたら後で追記しまーす。

テスト前の皆さん頑張ろう(`・ω・´)
スポンサーサイト

Comments
Thanks a lot!

管理者にだけ表示を許可する
 
ほんとだ!
メビ | URL | 2009-12-02-Wed 20:04 [EDIT]
人によって、見解って違うやんね。
自分自身が思ってるメビらしさと、他人が思うメビらしさに違ってたりすることがたまにあって、自分はそんなんじゃないって否定的に感じてたけど、それも自分なんだなあって。。。今ヒビキちゃんの文章読んで、納得できました。

ヒビキちゃんより10年くらい長く生きてるはずなんやけどな・・・(--;)気づくの遅っ!!

自分の作品に対して言葉はいらない。っていうのもわかるけど、メビは結構、言葉で語りたい方です。
まあ作品によっては、言葉じゃなく心で感じてほしいものもあるけど、作品だけで想いを伝えきれるようなものを自分は創れているのか、ってすごく不安になっちゃう(><)

ああー、学生さんは大変だー!
試験頑張ってくださいね☆
コメ返
ヒビキ | URL | 2009-12-04-Fri 17:14 [EDIT]
>>メビさん
わー!!コメ返遅くなってしまいすみません(Д)゜゜
しかも、コメ返すごい長くなっちゃいましたので、お暇なときに読んでください。笑


「らしさ」って言葉は美術の講評の時によく使われて、そういう自分の作品や表した物については、この記事に書いたみたいに色々な側面を発見できる物だと捉えて(というか、捉えるようにして)います。
ですが、普段の会話で性格や気質についての「私らしさ」を相手が話した時は、メビさんが言っているみたいに(って、解釈が違ったら申し訳ないですが…)「私はそんなんじゃ無いんだけどなぁ」って思ったりすることはかなりあります。

この話になると、今度はちょっと前に書いた「自分の本当」の話になったりして、どんどんわけわかんなくなるんですが。笑


やっぱり、自分自身を理解する事ってすごく難しい事だなって思うんですけど、いつか相手の言う「らしさ」と自分の思う「らしさ」がすごく近いところまでいければ、それはすごく楽だし素敵だなって思います(´∀`)

言葉に関しては、私も自分の考えを言葉で発信したいなあという思いは結構強いです。
でもやっぱり作品だけを見る人がきっと殆どだと思うので、とりあえず見てもらって、どう感じた?私はこういう思いで作ったんだ、みたいな会話ができるような環境ができればいなあなんて高望みしています。笑

相手の思う「らしさ」に縛られず、自分の思う「らしさ」を強要しないっていうのが、個性との良い付き合い方なんじゃないかな。
って、これ書きながら思いました。笑


あと最後に、多分メビさんは私より(当たり前ですが)ずっと大人だと思いますよ。笑
こんな長い文ブログに上げちゃう辺りもそうですが、私はまだまだ、ガキ変態ミスチルバカですから。笑笑

Track backs

Thanks a lot!
URL
Copyright © 2017 Image cage. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。