• «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »
誰だって それぞれのイメージを隠し持っている
CATEGORY : スポンサー広告
-----------
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : リアルタイム
2010-02-18-Thu
雪に関する考察
Trackback 0  Comment 0
今朝、東京すっごい雪で、積もってるし降ってるしうわーて感じで。
しょうがないから、普段自転車のところを15分歩いて駅まで行きました。


なんかさぁ、雪ってすごいわ。

雪ってさ、冷たくない。雨より全然温かい。
気温的な意味でも寒くないよね。

そんでさ、やっぱ色や空気感だよ。
なんかね、やっぱ、油絵にしたらどうなるのかな?って考えちゃうの。


雪って、びっくりするぐらい白い。
油絵だと、固有色(リンゴなら赤)以外の色を不自然じゃないぐらいに入れて全体感をだしたりするんだけど、雪にはその隙がない。
でも、白く染まった街には、ただ真っ白いキャンパスには無い安心感や雰囲気があって。

軽くて、白くて、あったかい。
だからさぁ、灰色で影をつけるのはなんか気が引けるし、かといって赤系で温かな全体感をだしたら、雪の不思議な白さが出ない。
いやぁ、難しいね。

でも私、こういう都会の雪がすごく好きだなって思った。




で、最初はイヤホン付けずに歩いてたんだけど、そういうこと考えてたらDrawing聴きたくなっちゃって。
今日にぴったりな曲だなって。

この曲はずっと無意識に聴いてたんだけど、あるチル友さんが一番好きな曲でね、歌ってくれて。
それからとても好きになった曲。
幸せな時は幸せに、寂しい時は寂し気に響く曲。


もう雪は溶けちゃったけど、今朝みたいな雰囲気にとっても合う曲だから。
もしまたそんな機会があれば、Drawing聴きながら街を歩いてみてね。







リンク整理や前記事の続きが書けていなくてごめんなさい。
そこそこ忙しく頑張ってます。
スポンサーサイト

Comments
Thanks a lot!

管理者にだけ表示を許可する
 

Track backs

Thanks a lot!
URL
Copyright © 2017 Image cage. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。