• «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »
誰だって それぞれのイメージを隠し持っている
CATEGORY : スポンサー広告
-----------
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CATEGORY : 日常
2014-06-24-Tue
zakki
Trackback 0  Comment 0

私は最近意識して映画を沢山みるようにしているのですが、邦画と洋画で好きな傾向が違うな、と感じます。洋画だと映像美がすごかったり超どんでん返しハッピーエンドだったりアメリカンドリームみたいな物が好きなのですが、邦画はもっと曖昧で。
ずっとそれを言葉にできないかな、と考えて、一番近いかなと思った表現が、
「日本が一般人を「普通」に引きずりこむ力が強い映画」です。
具体的には、誰も知らない、ジョゼと虎と魚たち、愛のむき出し、リリィ・シュシュなどが当てはまるのですが、どれも少し(かなり)普通ではない境遇や精神状態の人が「普通の日常」の中で揺さぶられながら生きていく物語です。一般人であるガヤ達は、それこそ異常ではないかと思えるほど、彼らには干渉してきません。自分達の普通の世界を守るために。


私達の住んでいる日本は、普通という意識がとても強く、また、普通の中で生きる事は案外簡単で。精神的浮き沈みがあっても、鬱だ死のう なんてTwitterでつぶやいてみても、ものすごく嬉しい事があっても、誰かが死んでも、全てが普通という枠の中で起こっている事です。
小さいころは自分が特別だなんて思っていたけど、今では理想の普通像に向かって寄り道しながら進んでいる感じがします。
また、難しく考えないで自分の理想に向かって進むことが、悩んでも、悩むことすら自分をステップアップさせる力に変えられることが、わかっているのに出来ないことが、大人になるという逃げ口上でもあり、それが日常で出来ないことにどこか罪悪感をかかえている人も少なからずいるはずです。(それゆえ、転職のCMの「子供に夢を託すな」がかなりバッシングされたのではないか、と私は考えます。それは多くの人の罪悪感に訴えると共に、理想像をぶっ壊して責任転嫁をする見難い大人の象徴だったからです)


邦画、日本の長編映像を見る時に、自分はそのような、日常のどこかで起こりうる異常を見る事が好きなのではないか、と思いました。そこで改めて、自分が生きている普通の社会の危うさや、危ういならいっそ大事なものいっこ決めて突き進もうよ、という漠然感からの脱出を見出していると思います。




私が今CM業界を目指したいと思っている理由は、上記をみて明らかだと思いますが、恐ろしく難しく考えてしまう所、それをなんとかして表現に落とし込めないかと考えてしまう説があるのに、最終的にはもっともっと抽象的に綺麗事を述べていたい、誰も否定したくない。
自分含め、誰にだって価値はあるし素晴らしいし、だってあなたが生きてるこの普通の世界って案外色とりどりで綺麗だよ?と言い聞かせていたいからです。


そういう風になると、CMやMVの尺や性質は私にとってとても好都合で、雑多な想いも色々あるけど、でも結局の所の綺麗事の部分だけど、希望を持って映像に落としこんで、背中を押し続けていたい。その作曲者やクライアントの想いを汲んで、より良いものを創りあげたい。それに共感してほしいし、そうやって背中を押せる映像を作っている自分を見ていたい。という自分に良い所ばかりの媒体なのです。


それに一番近いところにある映像が、トータス松本の明星という曲のPVです。
歌詞はとことん全肯定で、私にはとてもじゃないけど作れないな〜、これはトータスさんが書いた歌詞だからこそ重みがあるな〜。なーんて思うのですが、PVの中では、それこそ日常を普通に生きている人たちが、全力でこの歌を一緒に歌っています。
私は上記の理由から、彼ら一人ひとりの心情を考えてしまいます。きっとそれぞれ普通の中にもつらこととか悲しい事とかあって、あるけど、「何もかも間違いじゃない 何もかも無駄じゃない」と歌っているんだ、と。
そう思うと、なんというか、うんうん。そうだよね。という気持ちになるんです。
そのPVに出ている普通の人たちに自分が重なって、自分が、「たった一つの輝きになれ 人はみな一度だけ生きる」って、言ってくれてるようなきがするのです。
その歌はトータスさんが歌うだけだと、彼からの応援歌なのですが、そのPVを見ているときは、自分が自分に言い聞かせる歌に変わります。
これは明らかに映像の力であり、私はこの映像の力(もっと言ってしまえば、映像によって引き出される日常とか人間の力)が大好きです。


だから別に、自分が表現したいことってほんとに大したことじゃないし、というか他人のパワーよがりな表現だから私の中って回路だけ複雑で空っぽだし、だからこそ今自分がなにを大学で作ってればいいのかもわかんないし、その普通の社会で生きていいよっているステッカー(内定(爆笑))がないし、自分にはなんにもない気がして無性に不安になります。


そんな感じで、一番好きな映像作品は、トータス松本の明星 のMVのです。
スポンサーサイト

Comments
Thanks a lot!

管理者にだけ表示を許可する
 

Track backs

Thanks a lot!
URL
Copyright © 2017 Image cage. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。